テーマV 卒業時における質保証の取組の強化

事業計画:テーマ1

1) 3つのポリシーに基づく教育活動の実施

全学の DP に沿って、全ての学部・学科・コース毎にぞれのDP を定め、学科・コース等(カリキュラム)ごとの学修目標を明確にしていきます。

カリキュラム・マッピング等を作成し、教育の体系性を向上を目指します。この中で、学修成果と社会のニーズが合致するように工夫し、全学共通の「ライフデザイン」や茨城産業会議による寄付講義、インターンシップ等によるキャリア教育により学修動機の向上を図っていきます。

さらに、学修成果の可視化によって、学生の自主的な学修を促進させて学修時間を増加を目指します。

平成28年度事業計画:テーマ1

  1. 学科・コース等(カリキュラム)ごとに学修目標(学生が身に付けるべき資質・能力)を明確化します。
  2. カリキュラム・マッピング、カリキュラムツリー等を作成します。
  3. 学修成果について就職先・教員からの意見聴取(直接評価)し社会適合性を点検(調査準備)また、社会のニーズを各プログラムにフィードバックします。
  4. キャリア教育により学修動機・意欲を向上するための方策を検討。全学教育機構と学部との間で会合を持ちます。(年2回以上)
  5. 教育情報の所在を把握を強化します。
  6. 教務情報システム(大学負担)の仕様を策定します。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.