テーマV 卒業時における質保証の取組の強化

事業概要図・説明

事業概要図

事業の目的・必要性

本補助事業の全体の目的は、1)4階層質保証システムと学修成果の体系的な可視化によって、本学の教育を社会の求める人材育成に対応できるものに変革することです。
このことによって本学が第3期中期目標・中期計画で定めている教育改善と質保証の取組が加速されます。

また、2)地域のステークホルダーとの連携を強化し、地域と連携した新しい質保証モデルを生みだすことも大きな目的の1つです。
そのために以下の3つのシステム構築を図り、地方大学での質保証マネジメントモデルを提案・発信します。

  1. 4階層質保証システムの構築:教員-学科等-学部-全学という4階層にわたって教学IRとPDCAシステムを構築。
  2. 学修成果の可視化と共有:卒業研究の評価方法について、全学的な体系化とディプロマ・ポリシーに定めた5つの能力の可視化手法の開発、学修成果の学生・教員・社会間での共有できるようにする。
  3. 地域協働モデルの構築:自治体・企業等とのつながりの活用、学外の助言・評価を教育改革に反映する仕組みの構築。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.