平成29年10月28日、東京国際交流館 プラザ平成3階 国際交流会議場 メインホワイエにて、「卒業時における質保証の取組の強化」をテーマに、平成29年度AP事業シンポジウムが開催されました。本シンポジウムは、大学教育再生加速プログラム(AP)事業・テーマⅤに採択された4大学、高知大学主催および茨城大学、日本福祉大学、山形大学の共催により、大学教育の質保証について、本事業で得られた成果を全国の高等教育機関・高等学校関係教職員に情報発信するとともに、課題の検証を行うことを目的として開催されました。

本シンポジウムでは、本学 嶌田敏行准教授が 「茨城大学における教育の質保証の取組」というテーマで登壇し、事業報告を行いました。また、同日開催のポスターセッションでは、本学ブースに多くの来場者があり、ディプロマ・ポリシーを学生へ浸透させる方法や、各種アンケートの実施方法、企業アンケートの回収率、組織体制、レーダーチャートによる可視化等について様々な問い合わせがありました。